オーラをキレイにすると解消できる10のこと

日頃からオーラ/エネルギーフィールドをキレイにしておくことは、心の平安、健康的な感情、そして基本的な健全さと保っておくためにとても大切です。 

人間として「満たされている」状態でいられること、

「満たされている」とは、「オーラ/エネルギーフィールドが光に満ち」、「エネルギーを漏らしてしまうような穴などがない状態」ということです。

オーラ/エネルギーフィールドに付着物があると、

「満たされている状態」ではいられません。

というのも、それらの付着物があると、生命エネルギーがオーラフィールド内を調和のとれた状態でスムーズに流れないからです。 

それどころかオーラフィールド内の「穴」などによって生命エネルギーが漏れ出して慢性疲労になりやすいです。

そしてオーラ内の付着物によって作り出されたエネルギーのブロック(障害)は、生命エネルギーの流れがよどむ原因となり、体や心の不調を作り出していきますし、付着物によって作り出された塊どうしがぶつかり合って、まるで交通渋滞のような状況になります。

交通渋滞になると、思考も感情も体もスムーズに流れないのは容易に理解できますね。

それぞれの塊が異なる「信念/考え方」を持っていると(だいたいそうですが)、矛盾、葛藤が絶え間なく起こります。

過去のリラでのセッションでは、それらを私が手で取りだしたり、洗い流したりしていましたが、時間がかかるし、リスク高いし、全ては取り切れないし・・・・

「なんで、人間は好き好んで、こんなにもつれて「雪だるま」ならぬ「ゴミだるま」になるんだろう・・・・と頭を悩ませたものでした。

多次元コードヒーリングで、これらの作業がグッと楽に、効果的&効率的にできることが分かった時、嬉しくて嬉しくて興奮したのを覚えています^^

以下、オーラクレンズで解消できる代表的なものを10個あげてみました。

是非 目を通してみてくださいませ m(_ _)m

1. イライラしたり、怒ったり、落ち込むことが多い

現時点で多くの人は「肉体をもたない存在」に全く気付くことがありません。

ここでいう「肉体を持たない存在」とは、至福の次元を通らず、人生のレビューもしないまま地上に残っているエネルギー体です。

多くの場合、彼らは地上の生活に縛り付けられていて、光のトンネルを通れないでいます。 

そういった存在は、まだ生きている人間とのカルマ的な結びつきが強くあったり、彼らが生きていた時に経験したことや感情に中毒的な執着があります。

例えば、根強い怒りや罪悪感などを手放せないままで存在していたり、中にはお酒やドラッグ、喫煙、食べ物に異様なまでに執着していることもあります。

問題は、彼らは肉体を持っていないので、中毒になっている体験をするためには、肉体を持っていいる人間につかなければならないということです。

そうやって彼らは、主に他の人間の感情を吸収して必要なエネルギーを得ようとします。

より沢山のエネルギーを手に入れるために、彼らの低い周波数の思考形態を付いている人の意識に投影して反応を引き起こして、不調和な感情の状態を維持させます。

このタイプの肉体を持たない存在は、オーラの付着物の中でも非常に低い周波数の部類です。

これらがクリアリングされただけで視界が明るく感じられたり心が軽くなる人もいます。

2. いつも疲れている、怠惰、何かひらめいても動く気になれない

いつも低エネルギー状態、慢性疲労状態の人の主な理由は、オーラ内にある「ポータル」と呼ばれる「穴」のような物から生命エネルギーが漏れていることが原因といえます。

「ポータル」はチャクラ付近にあって「掃除機」のような働きをして他人の「悪影響を及ぼすような思考形態」「辛い、本来の流れとは異なる思考形態」などを吸い取ります。

こういった「ポータル」は、他人の望まない思考形態や不調和な感情を、自分が背負ってあげることで【他の人の痛みや苦しみを癒したい】と(意識的/無意識にかかわらず)願う人に多く見られます。

誰かと話した後に、どっと疲れた・・・・

その人と一緒にいるだけで疲れる・・・・

一緒の空間にいなくても、その人のことを考えただけでぐったり・・・

なんて経験はありませんか?

これは、あなたがオーラフィールド内に「ポータル」があることの目安です。

この傾向のあるヒーラーや、マッサージセラピスト、コーチ、カウンセラー、看護師・・・など、人と接する仕事をするにとっては特に大問題です。

なぜなら、そういった人たちは常にクライアント、お客様たちから不調和なエネルギーを無意識に貰ってあげているわけですから。

知らないうちにエネルギーが消耗するだけでなく、体調不良、うつ、生きる希望さえ失うこともあります。

脅しているわけではありませんが、常にリスクは伴います。

・・・・かくいう私も、本気で生きる希望を失いかけ、体調不良にもなり、あと少しで「リラ」をやめる寸前までいきました(-_-;)

5年以上、月2回、クライアントとして本気で心理療法に通って、自分を見つめ、様々なものを手放してきたにも関わらずです・・・・・

3.長いスパンでの集中力が続かない、すぐに意識がそれる

リラ ニュース vol.14 で少し触れましたが、強烈に辛い経験をしている間、人は無意識のうちに、オーラフィールドの中に量子レベルでエネルギーの塊を作ります。 

リラ ニュースで「魂の断片」と私が書いていたものです。

そのエネルギーの塊には強烈に辛い体験をしている間に作り上げた思考形態、感情がギュッと詰め込まれてしまいます。

これが、いわゆる人間が「怖がり」「疑心暗鬼」「不平不満の塊」「悲劇のヒロイン」といったパーソナリティとして認識している形で現れます。

例えば、「私には十分なお金がない」という思考形態をあなたが持っているとしましょう。いつもこの「思考形態」と共鳴ばかりしていると、その「思考形態」はエネルギー的にどんどん充電され、その「思考形態」=「あなた自身」と感じるようになっていきます。

そしてそれが、もっとチャージされてしまうと、その「思考形態」そのものが、まるで、あなたとは別の意識をもった存在のように振る舞って「占有者」「乗組み員」とでも呼びたくなるような存在感にまで発達します。

※多次元コードヒーリングを作った方は、これを「オキュパンツ」と呼んでいます。

その「乗組み員/オキュパンツ」が活発に活動すると、あなたの頭の中では「乗組み員/オキュパンツ」の考え、感情がぐるぐる回り、過去に起こった未解決なことを「今」に投影して無意識に反応します。

もちろんそれは、あなたの反応ではありません。

さらにこの「乗組み員/オキュパンツ」は「私には十分なお金がない」という思考形態に共鳴する出来事、物、場所、人などを、あなたに引き寄せてくれます。

そしてこの「思考形態」がずっと潜在意識下でぐるぐる回っていますから、妙に焦って色々なことに手をだしそうになったり、「今」というポイントに集中して、「今」目の前にあること、やるべきことをやり抜く・・・・ということが難しくなります。

この他にも、よく見られる「思考形態」としては

「私は十分じゃない」

「私にはどこか悪い所がある」

「愛されるに値しない」

「私には何もできない」

などなど・・・ちまたでよく聞くものばかりですね。

4.特別な理由がないのに、いつも不安な気がする

オーラの付着物は、ほとんどの場合、体の7つのチャクラのどこかに付いています。その付着物の周波数によって、よく付着しやすいチャクラというのがあります。

「恐怖」や「心配」などは、1チャクラ付近についていることが多いです。

もしあなたが「恐怖」や「心配」にたくさんエネルギーをチャージすると、その「付着物/思考形態」は活性化して1日中「戦うか逃げるか」「恐怖か心配か」みたいな心境になってしまいます。

何度も転生する中で、多くの人は数えきれないほどの強烈な恐怖の体験を持っています。そういった体験を通してチャージされ、未解決なままの感情や思考形態をもった付着物を抱えたままの人は想像をはるかに超えて多いです。

困ったことに、この「恐怖」には、上の1.で触れた「肉体を持たない存在」が引き寄せられ、パニック発作の要因になることもあります。

何年もパニック発作に悩まされていたのに、1回のオーラクレンズで、パニック発作が全く起こらなくなったという方もいらっしゃるそうです。

5.自分が信じられない、葛藤が多い

人の中にたくさんの「思考形態」があるわけですが、それぞれの「思考形態」がそれぞれにパーソナリティを持っています。

つまり「思考形態」ごとに異なる価値観、意見、認識、感情などを持っているわけですから、内的に葛藤が起きるのは自然といえば自然ですよね。

何かに刺激をうけて、何かしらの目標や自分の夢に向かって物凄くモチベーションが上がることってありますよね。

そして次の瞬間には恐怖や、やれるわけない、自分では無理・・・といった考えが意識の中を流れていく。

それらが流れたあとは自分の能力に不安を感じたり、気持ちが揺れ動いて決断できなくて身動きが取れなくなったりすることが多いですよね。

昨日と今日で、気持ちが大揺れ・・・なんてことがありますよね。

今まで書いた「乗組み員/オキュパンツ」的な存在や「肉体を持たない存在」が、あなたのハイアーセルフの声を聴けなくしたり、直観に素直に従えない原因であることは多いです。

色んな「思考形態」からの声が押し寄せてきて圧倒されるし、ハイアーセルフの声と一致しないので葛藤が引き起こされます。

世の中には、こういった「肉体を持たない存在」や「思考形態」と共鳴して【チャネリング】とか【あなたのガイドの声です】なんてやっている方もいらっしゃる場合もあるので注意が必要です。

その言葉は「光に満ちている」だろうか?「愛から発せられている」だろうか?

頭じゃなくて心で、ハートで感じる習慣をつけるといいですね。

6.人間関係が昼メロのよう(裏切り・嫉妬・足の引っ張り合い etc)

誰かと言い合いになって、相手にものすごく酷い言葉、いじわるな言葉をぶつけられたことがありますか? 

そしてその相手が後になって「ごめんなさい、あんなこと言うつもりじゃなかった」「なぜあんなこと言ったのか自分でもわからない」なって誤ってきたことがありませんか?

実際、そのひどい言葉を吐いたのは、本当にその「相手」ではない場合も多々あります。

「乗組み員/オキュパンツ」が活性化してチャージアップされた感情を「肉体を持たない存在」が利用して、彼らの「思考形態」を投影させ、まるで本人が経験しているかのように感じさせます。

「肉体を持たない存在」はそうやって人々を昼メロのようなドラマの中に留めておくことで、怒りや欲求不満、罪悪感、羞恥心、嫉妬、悲しみなど、感情のエネルギーで自分を充電します。

オーラの付着物をクリアにするだけで、「反応的」な行動が減るし、今までとは異なる視点、より高い視点で物事を見ることも可能になってきます。

以前だったら「引き金」になっていたことが、もはや、なんとも無くなったりしますし、人との関係性も変わってきます。

・・・・と言っても、リラにご縁のある方は、ここまで昼メロ系な人間関係を持っている方は稀なんじゃないかな・・・と勝手に思っています。

そもそも、強力な「肉体を持たない存在」を付けている方は「リラに行きたい」とは思わないことの方が多いでしょうから・・・

7.内的な導き、ひらめき、直観に素直に従えない

オーラの付着物があると、内的な導きを人生の中に取り入れるのが難しい傾向が強いです。

実際、多くの人が様々なタイプのヒーリングセッションやワークショップを受けているにも関わらず、そこで受け取ったり、活性化したり、繋げたりして受け取れるはずのものを人生の道のりに十分に活用できていないように思います。

オーラの付着物をクリアリングしないままで行うと、光へ向かうはずの道のりはなかなかスムーズにいきません。

オーラの付着物がついたままで、どんなに光の回路とつなげても、意識を広げる作業をしても、クライアントさんの進化・成長・ヒーリングのプロセスはスローダウンしてしまいますし、最悪のケースでは逆行します。

15年以上ヒーリングに携わって、何度もこのようなケースを目にしてきました。まだまだ未熟で付着物をクリアリングすることを漠然としか意識できていなかった私は、このようなケースを目の前に、ただただ残念に思うことしかできませんでした。

その状況が起きていることが分かっていても、本人の意志を尊重することは何よりも優先だと思っているので、「絶対にまた来てください」なんてことは、プラクティショナーが与える影響を考えると、言うべきではないからです。

8.いつも足りない、豊 かな気持ちになれない

一般的に「豊かさ」に関連する問題は、他のチャクラにも もちろん関係があるのですが、2チャクラ周辺にその付着物がついてることが多いです。

「豊かさ」に関係したオーラの付着物があると、不足、制限、欠乏などに共鳴する事柄が引き寄せられます。 

それが転生しても持ったままだとループ状態なので、生まれかわるたびに「貧しい」を経験することになりかねません。

以前、ヒーリングの師匠の師匠が「人間100回くらい生まれ変わったって、大して変わらない」と言われていた、と聞いたとき「え~~~っ!!」と驚きましたが、今は納得できます。

どんなに現実には豊かであっても、これらの付着物があると「豊か」だと感じられないのです。 

「十分」だと感じられないのです。 

そのうち、オーラの付着物に共鳴するエネルギー的ブロックが内的な「豊かさ」を受け入れられないまま、現実に作り上げていたはずの「豊かさ」さえ失うはめになってしまうかもしれません。

ビジュアライゼーション、視覚化しても、引き寄せの法則を学んでも、望んだものを手に入れられない大きな原因はオーラの付着物なのです。

オーラの付着物のクリアリングは、内的な豊かさを形にしたい、実現させたい方にとっては必須といえそうですね。

9.他人に、出来事に、心を開けない

ハートチャクラには、「裏切り」「拒絶」「見捨てられる」「傷心」「憎悪」「恨み」「非難・批判」などなどに関連するオーラの付着物が多くあります。

これらのオーラの付着物が原因で、ハートを開くのが難しかったり、至福や無条件の愛のような高い周波数のエネルギー状態に共鳴するのが難しくなっているようです。

ハートチャクラ付近のオーラの付着物とそれに共鳴して付着してくる「思考形態」を取り除くことで、未解決な感情を解きほぐし、よりハートを開いていくことが可能となります。

私自身も、ハートチャクラ付近のクリアリングで、随分とハイアーセルフとの繋がりを素直に認め、受け取れるようになったなと実感しています。

10.目に見えないエネルギーなどを感じられない

「第3の眼」が微細なエネルギーに気づくことができる重要な役割を果たしているらしい・・・

と多くの方が知っていらっしゃる、もしくは聞いたことがあられると思います。

でも、「第3の眼」 だけじゃなくて、肉体そのものだって微細なエネルギーを認識し、理解するためのとても重要なシステムです。

肉体がエネルギーのゴミがものすごく詰まっている方には、エネルギーの作業よりもボディーワークを最初にお勧めするのには、こういった理由もあります。

肉体にエネルギーのゴミが詰まっていると、本当にエネルギーは通りにくいし、エネルギーワークの効果を本人が実感しにくいのも事実です。

特に微細で目に見えないエネルギーを感じるには「第3の眼」と「1チャクラ」のブロックのクリアリングはとても重要です。

「第3の眼」付近のクリアリングは、現実の理解の仕方、見え方もより明晰になりますし、より高い周波数の直観、クレアボヤンスへの大切なステップといえます。

オーラクレンズを受けてくださった方からの感想に、

「ハイアーセルフとの繋がりが強くなった」

「直観がつよくなった」

「答えがすぐに来るようになった」

といったものが多いのも、パイプユニッシュじゃないですが、エネルギー的な通路の付着物、不要なゴミが取れるからなのだと思います^^

多次元コードヒーリング・オーラのクリアリングを無料で体験

関連記事

  1. 時代の切り替わり

  2. 脳は最高のコンピューター

  3. 無料クリアリング&アクティベーション

  4. 「理解すること」は癒しに必要?