脳は最高のコンピューター

”もし今日が人生最後の日だとしたら、
 今やろうとしていることは本当に
 自分のやりたいことだろうか?

これは、スティーブ・ジョブズ氏が残したとても有名な言葉です。

このジョブズ氏の「質問」は、人生の核心を突き、

世界中の人々に感銘を与えました。

こういった自分に対する問いかけは、
自身の内なる声に気づくことができ、
行動を起こす一番の力となります。

前の記事「理解は癒しに必要か?」で触れた

「理解したい欲求」と関連があるのですが、

人は誰でも、日々頭の中で、自分自身に問いかけ、
自分で答えるという作業を繰り返しているそうです。

その数、なんと毎日3万〜4万回!

そして、その問いをする度に、 脳は忠実に検索作業をするのだそうです。

つまり

「問いをする=検索クリック」 → 「脳はサーチ中」

ということです。

そして脳の検索機能はスーパーコンピューター以上と言われています。

ある意味そうですよね。

この世的にはデータとして存在しない

エネルギー的な部分も検索可能ですから

それはそれは、現在技術では到底到達することも解明することもできない、

最高の機能を持っているというわけです。

だから、何を質問し、
どんな答えを出したかで、
その後の行動・人生は変化していきます。

ですから、前の記事「理解は癒しに必要か?」で振れた、

人生の足取り鈍く、スムースに前に進まない人のように、

理解の欲求に従って

「なぜ私はこんなに出来ないんだろう・・・?」

と検索をかければ、

優秀なあなたのコンピューター脳は、

忠実にその答えを探しに行ってくれます。

「出来ない理由」を沢山集めてきてくれます。

でも、上記の質問の答えが見つかったところで現実は何も変わらない。

厳しい言い方をすれば、それは

「ただの時間の無駄」

「生きている振り」

「一見、そうは見えない現実逃避」

せっかくの最高の機能を、間違った使い方をして

人間関係も、仕事も、なぜか上手くいかない・・・・

ましてや魂の目的なんて・・・・

という感じでしょか・・・・

まぁ、

そういう私も20代のころ、悩んでいると、当時の勤め先の社長に

    「あ~、暇、暇、あんた暇なんよ」と言われていました。

言われた私の頭は「???」

「え~・・・暇じゃないです、寝る時間削って働いてます~」

今なら分かりますけどね(笑)

暇人的な時間の使い方でも笑っていられるのは、

せいぜい30代前半までではないのかな・・・・

40歳すぎると、人生の折り返し地点も見えてきますし、

案外時間がないことに気づきます。

逆に、ジョブズ氏を見習って、

ちょっと「理解の欲求」の方向を少し変えて、

自分に「最高の質問」ができれば

「最高の答え」を導き出し
「最高の行動」につなげて
「最高の結果」を

手繰り寄せることができるようになるということです。

でも、多くの人は
日々の仕事に追われ
他人のことで悩み

「自分と対話」する習慣をすっかり忘れてしまっています。

その結果・・・・・


(自分が本当は何をしたいのか?)

(自分の強みは何なのか?)

(自分の魂の目的は?)


そんな内なる声を無視して、
突っ走っている状態・・・・

そして気が付いたら時間だけがドンドン過ぎていく。


もし、あなたもそうなら


一旦、立ち止まって深呼吸して・・・・

「自分への質問の仕方」を変えてみてください。

心と思考と行動が一致し
迷いがなくなった時

自分でもビックリするくらい行動できるし

あなたのハイアーセルフや

その他の応援団のサポートを受け取りやすくなりますよ。



関連記事

  1. 「理解すること」は癒しに必要?

  2. オーラをキレイにすると解消できる10のこと